痔手術 痔

病院に到着してからする事

日帰りレーザー手術なので、病院に行ってから始めて

手術の詳細を聞く事になります。


私の手術をした病院では、私を入れて3人の手術の予約が入っていて、

同じ部屋にベッドが3つあり、そこで他の人の手術が終わるのを待っていたり、

麻酔が切れるまで寝たりするのです。

そのベッドにいると、他の患者さんの顔は一切見えません。

見えないように工夫されているんですね。

でも、医師が立って患者さんに話をする場所からは全員の顔が見えるようでした。

病院に到着して手術着に着替え、
「○○さん(私の名前)は一番最初ですよ〜」


と手術の順番を聞かされ、ベッドでゆっくりしていました。

ベッドにはテレビがついていて、普通にテレビを見ていたりしました。

やがて、手術30分前になってから全員が揃った所で、医師から

・これから行う手術の方法
・麻酔が切れるまでゆっくりしていくこと

など、色々なお話がありました。

医師は毎日「日帰りレーザー手術」を行っているので、

慣れたものです。


正直言って、こちらから聞きたい事がないくらいまで、安心させる話をしてくれます。

また、私一人ではないので、個人的な症状の話はあまりしません。

やはりプライバシーの問題があるからでしょう。


詳しい事は手術室で聞く事が出来るという事なので、

「なるほど・・・」

と思い、私は名前を呼ばれるまで待っていました。


そして、時間が来て私の手術が始まりました。


生涯数回目の手術なので、あまり緊張はしていませんでした。


ここまで来ると、「痔からの開放」という事が頭をよぎり、


不安よりも、ワクワク感もありました。


円座
厚手のクッション
車のクッション
携帯ウォシュレット
携帯ウォシュレットが高い!と思った時の秘密兵器(100円)
見られてはいけない秘密袋
痔手術の保険について
レーザー手術に向いてる痔の症状
手術後の傷が痛む時には
痔の漢方薬
手術後の生活の注意点
出産と痔
ウォシュレットがない場合
痔のレーザー手術とは?
痔のレーザー手術の種類
接触法とは?
非接触法とは?
レーザー手術のメリット
レーザー手術のデメリット
痔のまとめについて
もしかして痔?と思ったら
病院に行かない理由
食生活について(食べていいもの悪いもの)

痔手術・いぼ痔治療TOP

当サイトについて 管理人は大痔主です
免責事項とお問い合わせ
痔主の私の体質
痔で病院に行かない理由
痔の発症
痔の出血
肛門科に行く決意
痔の診察
痔の診断結果
生命保険から手術費の負担
痔手術日までにしなくてはならない事
日帰りレーザー手術前夜
下剤を挿入する (自分で)
病院に到着してからする事
痔の手術台での体勢
痔の手術 麻酔
レーザー手術1 (最後の触診)
レーザー手術2 (皮垂・いぼ痔切除)
レーザー手術3 (痔ろう切除)
レーザー手術終了 (術後処置)
レーザー手術が終了してから
麻酔が切れるまで
車を運転して帰宅
自宅療養1日目
自宅療養2日目
自宅療養3日目
自宅療養4日目
自宅療養5日目
自宅療養6日目
自宅療養1週間目
仕事復帰1日目
仕事復帰2日目
仕事復帰1週間目
1ヵ月後の診察結果
手術後初の湯船
2ヵ月後の診察結果
2年半後の肛門
痔ろうとは
切れ痔とは
いぼ痔とは
もしかして痔?〜ときどき肛門がカユくなる人の原因・予防、治療法情報サイト〜

相互リンク募集しています
医療・健康関連リンク
痔関連リンク
その他相互リンク
その他リンク
Copyright c 2007-2012 痔の手術・いぼ痔治療や体験談- All  Rights Reserved.

婚活 婚活 マリオ